「会社売却.COM」は、
あなたの会社の企業価値や会社売却の可能性を
無料で自動的に診断できるオンラインサービスです。

跡継ぎがいないから第三者への事業承継を考えている
第三者との資本提携で企業体質をさらに強化したい
会社売却の創業者利益を確保したい

会社を売却するというとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、上記のような経営者の経営課題を解決するために有効な手段となります。

ただし、納得いくM&Aを成立させるためには、自社の企業価値を知ることが大切です。

会社売却.COMの診断サービスは、会社の基本的な情報を入力するだけで、各業界の動向や調査統計情報、株式市場情報、M&A市場の動向を踏まえて、あなたの会社が売却可能かどうかを診断します。

また、希望する金額で会社を売却できるかどうかも診断することができます。会社売却を成功させるための適切な売却プロセスに進むための指針としてご利用ください。

STEP 1
会社売却の
可能性を診断

簡単な会社情報(個社名不要)を入力すると、あなたの会社が売却可能かどうかを5段階で評価します。

STEP 2
希望する金額で
売却できるかを診断

希望する売却額を入力すると、希望金額で会社を売却できるかどうかを5段階で評価します。

STEP 3
個別のご相談
 

ご相談希望の方には、会社売却に精通したM&Aアドバイザーが対応させていただきます。(秘密厳守)

どうして診断サービスが必要?
不用意に会社売却を
M&A業者に依頼すると…

情報漏えいのリスク

不用意にM&A業者に相談すると、会社名が特定できるような案件シートが、不動産物件の仲介シートのように扱われる場合があります。意図せず、会社を売却しようとしていることが、会社内部や取引先に漏れてしまい、知らない間に取引が縮小してしまったり、従業員の退職が起こってしまう事態にもなりかねません。

時間や費用のリスク

本当は売却の可能性が非常に低いにもかかわらず、自分の会社をよく精査しないまま、会社売却のプロセスを進めてしまった結果、経営状態の悪化を招いたり、M&A業者への不必要な報酬が発生してしまうといった、時間とお金を無駄にしてしまう場合もあります。

悪条件での取引きリスク

適切な準備をせず売却プロセスに進んでしまうと、悪条件で成立してしまい、のちに会社を売却するべきでなかったと後悔されるケースもあります。適切な取引をするためには、業種動向、企業規模、地域性など、しっかりとした事前の準備が必要不可欠です。

会社売却を成功させるためには?

自社の売却の可能性を知ること

買い手企業が興味を示す可能性がどの程度あるのか、市場動向や専門家の視点を踏まえて、客観的に自社の売却の可能性を理解しておく必要があります。

自社がいくらで売れるか知ること

実際に買い手企業が興味を示しても、売却条件や売却金額があまりにかけ離れていると、会社売却が成立することは難しいです。
相続税法上の評価や、事業内容に基づいた理論上の株価を知っておくことも有益ですが、それだけではなく、取引事例や候補先となる企業の投資環境等から判断する取引想定価格を理解しておくことも重要です。

信頼できる業者を選ぶこと

クライアントの利益を最優先に考え、M&A取引に精通し、信頼できるM&A業者を選ぶことが大切です。加えて、その会社の担当者・チームがどのような人物か、しっかりと理解することも非常に重要です。

はじめての方へ

会社売却は、後継者に会社を譲りたい、高齢なので社長を引退したいといった理由ばかりではなく、自社の事業成長や一層の収益改善という観点から会社売却を行う場合などさまざまなケースがあります。

しかし、どのような会社でもM&Aが成立するとはかぎらず、希望条件で会社を売却をするためには一定期間の準備が必要になります。

会社売却.COMは、本来の会社売却のM&Aプロセスに入るまえに、会社売却を検討されているあらゆる方々に対して、お役立ちできることを願って情報提供しています。

スタッフコラム

会社売却.COM・スタッフコラム