【会社売却の事例】 技術者のレベルが評価されたシステム派遣会社の場合

この記事は約 437 秒で読めます。

M&A田中

社員300人をシステム技術としてさまざまな企業に派遣をする、関西のシステム派遣会社の会社売却のケースです。

【背景】粉飾決算…?破産か法的整理しか手段がない

決算書では25億円の売上げを毎年のようにあげていて、営業利益は1億円から2億円の間で推移、中堅システム会社としてはそれほど悪くない数字でした。しかし、これらがすべて粉飾決算でした。

売上げだけは正しく計上されていましたが、利益はまったくのウソ。経費の入力ミスや意図的に経費を隠ぺいするなど、さまざまな理由で会計処理が適当に済まされていたのです。その結果、海外に不正にお金が流れていることも見過ごされ、帳簿につけられていない億単位のお金が紛失していました。

キャッシュフローはマイナスに陥り、借入金の返済が滞って、破産か法的整理しか手段がない状況となっていました。

【磨き上げ】ポイントは“技術者のレベル”

このような厳しい状況から会社の売却を検討しました。

会社の実態を見ると、300人のシステム技術者はしっかりとした会社に派遣され、実績も上げていることが確認できました。この事実は、買い手側に評価されそうです。しかし、粉飾決算をしていたオーナーがいるため、会社を丸ごと売却する形はさすがに望めません。

そこで、健全な事業だけを譲渡するスキームで買い手先を探したところ、とある上場企業が見つかり短期間で合意に至りました。理由は買い手側が求めている技術レベルと売り手側の技術者のレベルが一致したことでした。

まさに、会社の強みを見つけるポイントの「従業員」の部分があてはまったのです。

このシステム派遣会社の磨き上げの結果
技術者に対する派遣先からの評価が高い
技術者同士の連帯感が強い
健全な事業だけを譲り受ければ、従業員や顧客はしっかりと維持されると判断

会社の強みを見つけるポイントは以下の記事を参考にしてください。

【M&A成立】なぜリスクの高い案件が成立したのか?

このシステム派遣会社は、急な資金繰りの悪化で、年の瀬も差し迫った時期に事業譲渡、即破産という非常に難易度が高いスキームで実行せざるを得ませんでした。上場企業の買い手側も非常にリスクが高い案件でしたが、なぜM&Aは成立したのでしょうか。

それは、売り手会社の事業がしっかりとしていたからです。システム技術者の一人ひとりが、派遣先で行っている仕事にしっかりと向き合い、その技術が評価されていたからです。派遣される先は別々でも、この会社の技術者はそれぞれの派遣先で起こった問題解決のため、携帯PCで常に連携が密にできる環境を作り上げていました。

本来あってはならないことですが、経営者が粉飾や横領をやっているから売れないと判断するのは早計です。真摯な姿勢で事業に携わる従業員には関係ありません。そもそも、中小企業には、「計算が甘い」「売上げに計上するかどうかが曖昧」「経費の計上の仕方に統一性がない」「あるはずのない帳簿がない」といったミスが多いのは事実です。この程度のことは、ほとんどの中小企業では日常的に起こっています。

「違法な取引をしている」「暴力団との付き合いがある」このような悪質なケースでは会社の売却は難しくなりますが、単なる会計処理の甘さであれば、誤りを正せばいいのです。ある年の決算を黒字にするために経費を翌期にまわしたくらいの話であれば、その時点にさかのぼってペナルティを支払ったうえで修正することは不可能ではありません。

本業がしっかりと結果ををだしていて、顧客からの評判もよければ、経営陣だけを入れ替えれば売却に対する問題はありません。元の会社が破産しようが、経営者が横領しようが、事業そのものは売れます。意図せざるミスがあったからといって、会社の売却をあきらめないでください。

M&A田中

いかがでしたでしょうか。このシステム派遣会社は、システム技術者(従業員)が会社の強みとなり売却が成立した事例になります。

会社売却の相談をする(無料)

「会社を高く売る方法」eBook無料ダウンロード

  • M&A会社の選び方、会社を高く売る方法、会社売却の成功事例とポイントなど、会社売却のプロセスに入る前に経営者が知っておきたいことをまとめました。お気軽にダウンロードください。
 
Verification

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。