事業拡大のために大手企業に会社を売却

この記事は約 336 秒で読めます。

昨今、小規模な会社に対して融資が厳しくなっています。事業拡大のために、資本力のある企業の傘下に入ることも会社売却のひとつの形態です。今回は事業拡大のために、大企業に出資をしてもらったシステム会社の事例になります。

【背景】事業は順調、けど拡大するための資金が借りられない

会社データ ・売上げ:2億円
・会社設立と同時に海外進出
・起業から4年目
・事業は順調に伸びている

このシステム会社は、人件費の安い東南アジアでのソフトウェア開発と現地でのIT教育を主要事業としているベンチャー企業になります。

それなりに成功をおさめてきた同社ですが、銀行からの融資となるとそれほど楽ではありませんでした。

急成長している会社は、とにかくスピード優先で資金を投入していかなければなりません。ところが、既存の成熟産業、旧来型の製造業や卸売業などを融資のメインターゲットにしてきた銀行からすると、その投資スピードが危なっかしく映るようでした。

社長には確たる経営ビジョンがあり、売上げや利益の見込みの立つ、角度の高い投資でもあるにもかかわらず、銀行は追加の融資に対して二の足を踏んでいました。

そこで、社長と話し合った結果、金融機関から資金調達をするのではなく、資金力のある大企業を中心に出資してくれる相手を探そうという方向にまとまりました。このような出資、資本参加もM&Aのひとつの形態になります。

【磨き上げ】

このシステム会社の魅力は、なんといっても海外の優秀なシステムエンジニアが多く在籍しているところでした。これらの会社の魅力を評価してくれる企業を探しました。

磨き上げのポイント
海外で知名度があること
海外展開のノウハウがあること
海外の優秀な技術者が多く在籍していること

【M&A成立】

結果、大手上場会社のシステムインテグレーターが資本参加することになりました。

この会社は、かつてアジアでソフト販売を手掛けようとしたものの失敗し、撤退したことがありました。アジアの安い人件費には相変わらず魅力を感じていたものの、過去の失敗で、再チャレンジに二の足を踏んでいた状況でした。

しかし、売り手側に出資をすることで、買い手側は、アジアでのソフト開発事業に関するノウハウを得ることができます。さらに、国内では知名度があるのに、海外では無名なためにIT技術者の確保がうまくいっていない買い手側にとって、現地では知名度抜群のシステム会社への出資は、まさに自社の弱点を補うことになり、これによって買い手側も優秀な技術者を雇えるようになりました。

国や地域が違えば、企業のブランド力が日本国内と逆転していることがあります。ビジネスモデルの構築やノウハウの吸収に時間のかかる事業になればなるほど、売り手のシステム会社のように小さくても先行して成功している会社は魅力的なのです。

出資を受けたシステム会社は、資金難を脱出して今なお成長を続けています。

さまざまなステージにある会社にとって、会社売却が有効な手段として機能することがわかる事例になります。

会社売却を運営しているアドバンストアイ株式会社では、さまざまな形態のM&A支援を行っています。お気軽にお問い合わせください。

会社売却の相談をする(無料)

関連記事一覧