地方のシステム開発会社の売却事例

この記事は約 421 秒で読めます。

福岡市の中心部から車で1時間ほど離れた場所にある、15人ほどの従業員を抱える小規模なシステム開発会社のケースになります。某大手旅行サイトの開発の請負等を手掛けていましたが、主要顧客以外に仕事の広がりなく、収益も伸び悩んでいる状況でした。

【背景】地方で規模も小さい会社だけど、大手企業の傘下に入りたい

会社データ ・福岡の小規模なシステム開発会社
・営業力が弱く、収益の伸びが見込めない
・リストラ回避のため、大手企業の傘下に入ることを希望

このシステム開発会社は、某大手旅行サイトの開発の請負、運用、保守、管理を手掛けています。創業社長が若い頃に時流に乗って顧客を開拓し、業容を拡大してきました。

しかし、創業から20年経った現在、営業力が弱いために主要顧客以外に仕事の広がりはなく、収益的にも伸びる見込みがありません。

社長に後継者がいないこともあり、先細りになっていく将来を不安視した社長が事業承継の相談に来られました。売却の希望としては、従業員をリストラしないような大手企業の傘下に入りたいとのことでした。

一般的に、地方、しかも、規模の小さな会社の場合、会社売却の話はなかなか進みません。それは、内部統制や管理会計など自らの管理コストが追加で負担する必要があるため、少なくとも数十億の売上げがないと、なかなか検討の端緒にすらつかないことがほとんどだからです。

【磨き上げ】地方だからこその会社の強みを発見

会社の強みを見つけるためには、さまざまな切り口から会社を分析していきますが、このシステム会社の場合は、弱点だと思われていた会社の拠点と従業員がポイントでした。

※会社の強みを見つけるためには、以下の記事を参考にしてください。



地方に拠点があるからといって、決して技術水準が低いわけではありません。

さらに、福岡や近隣の都市では、ITを促進しようと専門学校も充実しているため、専門学校でIT知識と技術を身につけた能力の高い人材を獲得しやすい拠点でもあります。

優秀な人材を獲得しやすい地域にすでに会社がある
給与水準が低い
地方だからといって技術水準が低いわけではない

【M&A成立】小さい会社でも取り込むメリットが

最終的には、東京、大阪、名古屋に拠点を構える同業の上場会社が、純資産価格に最終利益の5年分に相当するのれん代が加算された価格で、このシステム開発会社を買収しました。

なぜ、上場会社がここまで規模の小さな会社を買収したのでしょうか。それは、東京や大阪、名古屋などの大都市圏では思うように人材を獲得できない悩みを抱えており、九州に拠点をつくりたいと考えていたからでした。

売却されたシステム会社のある福岡市は、日本でも有数の人口密集地域で、現在でも人口が増えている数少ない地域です。さらに、給与水準も低く、人材の確保に加えて、人件費を抑えることができます。新しく九州に拠点を作るとなると、拠点の確保、人材の採用など手間とコストがかかりますが、規模の小さな会社でも買い手側には取り込むメリットがあったのです。

買い手の上場会社は常に人材を必要としていた
IT企業はどこに拠点を置いても業務に支障はない
人件費が東京や大阪より安く、能力の高い人材を獲得しやすい地方に基盤があるのは魅力的

M&A田中

いかがでしょうか。地方に会社があるからといって会社売却の妨げにはならず、むしろ評価されて会社売却が成立しました。

会社売却.COMを運営するアドバンストアイ株式会社では、さまざまなケースの会社売却を手掛けています。経験豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍していますので、お気軽にご相談ください。

会社売却の相談をする(無料)

関連記事一覧