借金1億円の地方の建設会社が会社を売却できた事例

この記事は約 421 秒で読めます。

北陸地方にある、売上げ2億、収支は差し引きゼロ、借金1億円がある建設会社が会社を売却できた事例になります。田舎にあり、しかも借金が1億円とマイナスの条件が目立つこの会社は買い手会社に何を評価されたのでしょうか。

【背景】借金1億円でも会社は売却できる?

北陸地方の主要都市から車で1時間くらい離れたところにある、従業員10人、そのうち1級土木施工管理技士が数人いる建設会社の会社売却事例です。

会社データ ・北陸地方の田舎、1級土木施工管理技士がいる建設会社
・顧客は周辺地域のみ
・地元で下請け、孫請け仕事が大半
・売上げ:2億円
・1億円を超える借金を抱えている
・社長は65歳、後継者は不在

この建設会社は、主に河川工事などの公共事業の設計を手掛けており、地元ゼネコンからの下請け、孫請けの仕事が大変でした。売上げは2億円、収支は差し引きゼロ、借金が1億円を超えている財務状況です。

社長は65歳を超えていて、後継者は不在。社員の年齢が40代後半から60代と社員の高齢化、さらに公共事業が減少し続けるなか、今後自力で生き残っていくことは難しいと、会社売却の検討をしました。

借金が1億円超え、地方の田舎のうえ、社員の年齢も高く、はたしてこの会社を引き受けてくれる先は見つかるのでしょうか。

【磨き上げ】田舎にある…マイナスに見える部分も会社の強みに!

一見すると、田舎で市内からも交通の便が悪く地の利がないのは弱点に見えるかもしれませんが、むしろ、安価なコストで拠点が手に入ると考えると、田舎に会社があっても強みになる場合もあります。

この設計会社の場合の会社の強み
田舎だからこそ、安価なコストで拠点を手に入れることができる
地元企業を手に入れたら、地元企業限定の工事入札ができる
有資格者(1級土木施工管理技士)を確保できる

【M&A成立】借金を引き継いでもらい円満に会社売却

東北地方から関東地方までの大手ゼネコン、未上場の中堅ゼネコンと、引き受け先を探した結果、仙台に拠点を置く中堅ゼネコンが、北陸地方の拠点を強化したいとのことでM&Aが成立しました。

本来であれば、駅前の中心部に拠点をつくりたかったようですが、まずはその県内に拠点を持つことを最優先にしたようです。なぜならば公共事業は、その地域に拠点を持っていないと入札できない案件があるからです。公共事業に限らず、地元企業を優遇するケースもあるようです。

交渉の結果、株式の対価は1円になりました。そのかわり、借金1億円すべてを引き継いでもらい、従業員の雇用も守られる形でのクロージングとなりました。

田舎で細々と営業していた小さな設計会社ですが、その時々のニーズにマッチすれば、たとえ田舎であったとしても、規模が小さかったとしても、会社を売却することはできます。

また、買い手の中堅ゼネコンは、拠点のほかにも土木施工管理技士がいることも評価していました。それは、一級建築士同様、大型の現場には必ず土木施工管理技士を常駐させなければいけないルールがあるからです。人材がいないため、入札を諦めるケースもあり、この中堅ゼネコンでも、土木施工管理技士の資格保有者を確保することは大きな課題となっていたのです。

その意味では、借金1億円の引き受けは、大型現場を受注するための必要コストと受け取ってもらえた部分もあるのでしょう。

M&A田中

今回の事例は建設業界ですが、さまざまな業種で拠点を求めている企業はあります。妥当な金額で拠点と人材を確保できるなら、ぜひとも検討したいという企業は業種を問わずあるので、会社が田舎にあるっといった場合でもお気軽にお問い合わせください。

会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社では、さまざまなケースの会社売却を手掛けています。経験豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

会社売却の相談をする(無料)

関連記事一覧