多くの経営者が知らない!会社を高く売るには“磨き上げ”が必須

この記事は約 551 秒で読めます。

磨き上げという言葉は、聞き慣れないかもしれませんが、会社の売却前に企業価値を高める取組の事です。会社の磨き上げを行うことで、より良い買い手が見つかる可能性や、譲渡価格が上がる可能性があります。

会社の価値を高める「磨き上げ」とは?

会社の磨き上げに関しては、中小企業庁の『事業引継ハンドブック~M&A等を活用した事業承継の手続き~』でも以下のように紹介されています。

磨き上げとは、売却前に企業価値を高める取組の事です。
磨き上げを行うことで、より良い買い手が見つかる可能性や、譲渡価格が上がる可能性があります。磨き上げを行う上で大事なポイントは「会社の強みを作る」ことと「ガバナンス・内部統制の構築」です。

会社の「磨き上げ」を行うことで、希望の売却条件、より高い価格で会社を売却することができます。つまり、「磨き上げ」とは、売手会社が、自社の売却価値を最大化する作業になります。

「磨き上げ」はどのようなことを行う?

会社の「磨き上げ」は、売買交渉を始める前に、売る側の会社が、自社の問題や課題、強みを洗い出したり解決する作業になります。このように文章にすると難しく感じてしまいますが、磨き上げは、会社の強みをあぶり出して、より高く売却できるようにする作業になります。

では、実際に磨き上げではどのようなことを行えばいいのでしょうか。磨き上げは大きく分けて2つの作業をします。

磨き上げ作業1)会社の情報を整理する作業「基礎的修正」

会社の情報を整理する作業は、以下の3つの視点から会社に問題がないかをチェックします。

 1)法務
 2)財務・財務
 3)組織・人事・労務

法務からの視点 ・株主は適法に株式を取得しているか?
・会社として成立させるための基本的事項が有効に守られているか?
(決議や登記手続き、諸規則・規定の整備、許認可の届出等)
・重大な法令遵守違反がないか?
・主要な取引先との契約が実態に即して締結されているか?
・重要な資産や技術の使用が法的に有効な状態になっているか?
財務・税務からの視点 ・不適切な会計処理や税務処理はないか?
・未払い残業代ほか簿外債務はないか?
・訴訟ほか偶発債務の恐れはないか?
・循環取引、継続的に不当な値引きや過剰仕入れ等、不適切取引や不利益取引はないか?
組織・人事・労務からの視点 ・解消し難い不当な労働環境で勤務させていないか?
・心身ともに不健康な社員が多く、離職率が非常に高い状態となっていないか?

これらの主な項目に該当がある場合は、基本的に会社売却のプロセスに入ることが出来ません。ですが、ほとんどの会社で何かしらの問題が見つかるので、一つひとつ修正していきます。

磨き上げ作業2)より高く売れる会社にするための作業

会社の基礎的修正と同時に財務や実務の面も調査をしていきます。この作業を行うことで、自社の事業の強みを発見することで、売却先候補の選択肢が増えたり、希望の価格・条件で会社を売却できる可能性を広げることができます。

【財務の磨き上げのポイント】

「経営管理体制の適正化・高度化」は大きな加点要素となるので、取引契約の整備、月次決算の導入、各種経営管理指標のデータ化、社内規定の整備、内部統制の充実など、必要に応じて整備します。

なかでも、顧客や仕入先との契約書の整備、取引条件の改善や明確化、月次決算の早期化は必須事項です。また購買手法の改善、金融機関取引の整理、固定費削減の実施は検討すべき事項になります。

【実務の磨き上げのポイント】

会社の価値は、財務諸表に数字として記載される価値ばかりではありません。顧客・取引先・研究開発などの分野でを整理してみると、会社の強みをみつけることができます。

余裕をもって会社売却を行うためには、できるだけ早くから準備に取り組み、適切なタイミングで交渉に入れるようにすることが大切です。少なくとも1年間は余裕を持って「磨き上げ」の作業をすることが理想です。

さらに「磨き上げ」に関して知りたい方は、弊社代表著の『あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A』に事例とともに詳しくご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A

会社の「磨き上げ」は専門家に相談を

多くの場合、自ら「磨き上げ」の課題を発見するのは容易ではありません。「磨き上げ」を実際に行うには、M&A会社などの外部の専門家に協力してもらうことが一般的です。会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社は、会社の「磨き上げ」を得意とし、いくつも高く売却できた実績があります。

以下のようなご質問に、経験豊富なM&Aアドバイザーがアドバイスさせていただきます。

自分の会社は売れるか?
売却価格の目安
会社を売るときの流れ
M&A会社の選び方(M&A会社には仲介とアドバイザリーの2つのタイプがあります)
会社の「磨き上げ」についてさらに詳細を知りたい

M&A田中

会社売却や会社の「磨き上げ」に関してのご相談も無料で行っています。本格的に会社売却を検討していない段階でもお気軽にご相談ください。

会社売却の相談をする(無料)

関連記事一覧