トラブル急増中!会社売却で失敗しないための方法

この記事は約 748 秒で読めます。

M&A田中

現在、M&A市場は大活況ですが、その裏では「会社を安く買い叩かれた」といったトラブルも増えています。このようなトラブルを回避するために、経営者は何をすればいいのでしょうか?

中小企業の会社売却でトラブルも急増中

かつては大企業を中心に行われてたM&Aですが、ここ20年ほどの間で認知されるようになり、中小企業間でも活発に行われるようになってきました。

しかしその裏では、「安く買い叩かれた」「従業員の雇用条件が守られなかった」など、売却後に後悔をしたというケースや売り手のほうが損をするというケースも急増しています。

売り手側に「知識・情報・経験」がない

その理由として、まず挙げられることが売り手会社に「知識や情報、経験がない」こと。こうしたトラブルを事前に避けるためにも、売り手側の経営者も会社売却に関する知識や情報を身につけておく必要があります。

会社売却で売り手側が損をする理由
会社売却に関する知識がない
会社売却に関する情報がない
会社売却に関する経験がない

会社売却を相談するM&A会社選びも大切

「会社を売却しよう」と決意しても、誰に相談をしたらいいのかわからない、という経営者の方が大半かと思います。一般的には、会社の売却はM&A会社に相談をすることが多いですが、M&A会社には「仲介会社」と「アドバイザリー会社」の2つのタイプがあることは、あまり知られていません。

会社を売却する場合、仲介会社は利益相反という問題を抱えており、思ったよりも安い金額での売却になってしまったというケースもあります。

とはいえ、スピードを重視するなら、仲介会社のほうが早いといったこともあるので、仲介会社とアドバイザリー会社のそれぞれの会社の特徴を知った上で相談することがベストでしょう。

M&A田中

M&A会社の特徴は以下の記事にまとめているので、参考にしてください。


会社を売るための準備をしないと損をする

M&Aの現場では、会社のどんな点が評価されるのかはさまざまです。

目に見える利益が上がっていたり、預金や不動産といった資産があれば、それが評価されて「会社の値段」に組み込まれることは当然ですが、数字面がボロボロでも、数字ではわからない会社の価値があれば、それは買い手会社にとって魅力的な場合があります。

会社を1円でも高く、のれんや事業、技術はもちろん、従業員の待遇もできる限り良くして、次の会社へバトンタッチ(会社売却)をするためには、会社売却を進める前に、会社の価値を見つけるための事前の準備がとても重要になります。

事前の準備って具体的に何をすればいいの?

会社売却を進める前の事前の準備とは、具体的に何をすればいいのでしょうか。

事前の準備とは、会社の問題点を見つけて改善をしたり、会社の強みを見つけて、会社の価値を高める作業をいいます。これをM&Aでは、会社の「磨き上げ」をするといいます。

「そうはいっても、うちの会社は小さいから価値なんて見つかるのだろうか?」と思われ経営者もいるかもしれません。規模が小さくても赤字でも、ほとんどの会社で「会社の強み」を見つけることができますが、見つけ方にコツがあるのです。

これまでの中小企業のM&Aでは、業種や業態に関わらず、以下の3つのどれかに当てはまると会社が高く売れると認識されていました。

1)儲かっている 安定して営業利益が1億円以上でている
2)規模が大きい 売上20億円以上の商圏を持っている
3)成長している 売上が毎年20%以上成長している

しかし、最近では規模が小さくても、特長のある会社を買いたいという事例が増えてきました。上記のような財務上の数字以外にも、数字ではあらわれない会社の価値も評価されるようになってきました。

財務上の数字ではあらわれない、以下のような視点から会社を分析することで会社の強みを見つけることで、より良い条件や金額で会社を売却することができます。

取引先 買い手会社が欲しがる「魅力的な取引先」を持っているか?
顧客 どんな顧客をどのように管理しているか?
従業員 スキルは?定着率は?現在の賃金は?
シェア ニッチな市場でも、シェアを持っていれば売れる
特許・技術・情報 他社にない技術はないか?
その他の特徴 買い手側は「企業風土が合うか合わないか」を見たがる

会社売却で後悔しないために「磨き上げ」を行う

会社売却後にトラブルに巻き込まれたり、後悔しないよう、何よりも自身も従業員も満足のいく結果になるよう、経営者は会社売却に関する正しい知識を持つことが何よりも大切です。

会社売却を成功させるとは、希望する価格と条件で、ふさわしい相手に会社を売却することにほかなりません。すべてが希望どおりではなくても、最終的に納得できるものであれば成功といっていいでしょう。

逆に会社売却の失敗とは、会社売却が不成立になってしまうこと。あるいは、売れたとしても、ほとんどたたき売りのような金額、納得できる水準からかけ離れてしまうことです。

会社売却が成功するかどうかは、たとえ同じ会社であっても、その準備の仕方ひとつで違いがでてくるものです。自社の魅力を最大限にアピールするために、事前の準備である会社の「磨き上げ」はしっかりと取り組むようにしてください。


「磨き上げ」はM&A会社と一緒に行う。ただし…

会社の強みを見つける「磨き上げ」は、M&A会社と一緒に行うことが一般的です。ここで注意したいのが「磨き上げ」を実行できるM&A会社、実行できない(しない)会社があることです。M&A会社との面談のときには、磨き上げについても質問をしてみることをおすすめします。

さらにM&A会社には、仲介会社とアドバイザー会社の2つのタイプがあります。会社の「磨き上げ」はアドバイザー会社が得意とするところになります。M&A会社の選び方は以下の記事を参考にしてください。

納得できる条件や価格で会社を売却するためには、事前の準備の仕方で左右されます。

“財務上価値”・“無形の価値”を洗い出し、“自社の強み・弱み”を把握して、会社の体制を整えることが、会社売却を成功させるポイントになります。ですから、会社売却を一緒に進めるM&A会社選びは慎重に行ってください。

M&A田中

会社売却.comを運営しているアドバンストアイ株式会社は、会社の「磨き上げ」も得意とします。無料で会社売却のご相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

会社売却の相談をする(無料)

関連記事一覧