【保存版】会社を売るなら知っておくべき「M&A会社」の選び方

この記事は約 549 秒で読めます。

会社の売却や事業承継の相談は、M&A会社、銀行、証券会社、公認会計士や税理士などに相談することができますが、一般的にはM&A会社に相談することが多いです。

しかし、M&A会社には「仲介会社」と「アドバイザリー会社」の2つのタイプがあることは、あまり知られていません。

仲介会社とアドバイザリー会社では、“提供サービス・報酬形態”も違うので、それぞれの特徴を理解したうえで相談することが大切です。

ここでは、会社を売るなら知っておくべき「M&A会社」の選び方について解説したいと思います。

M&A仲介会社

仲介会社は、売り手と買い手をマッチングさせるという意味では、不動産会社に似ています。首都圏に拠点を置く大手の仲介会社から、数名や個人といった小規模の会社まで数多く存在します。

売り手側が損をしがち。仲介会社が抱える利益相反問題

会社を売る側は「会社を高く売りたい」し、会社を買う側は「会社を安く買いたい」。このように双方の思惑は異なり、利益が衝突する会社を仲介することは、売り手側の会社にとって不利になるケースが多いです。

なぜならば、売り手側にとったら、会社の売却は一度きりのこと。しかし買う側は、今後も会社を購入するリピーターとなる可能性があり、仲介会社にとって、どちらがお得意様になるか、答えは明白です。

実際に、価格を含め買い手会社の希望を売り手会社を受け入れるよう説得する、買い手会社優先で行動をする仲介会社も多くあります。このように、仲介会社という形態は、「利益相反」という問題を抱えています。

また、成約件数が多いことを謳っているM&A仲介会社にも注意が必要です。それは、買い手会社のいいなりの金額で会社売買を成約させている場合が多く、売り手会社は、売却条件や売却金額で損をしている場合が多いからです。

仲介会社と契約する場合は、契約内容を良く確認する

仲介会社と契約をする場合、提供されるサービスの内容をよく確認しておくことが重要です。

着手金無料などと謳っているM&A会社もありますが、実際に会社売却を進めていくプロセスの中で、別途、公認会計士や弁護士など専門家に依頼する調査が生じた場合、費用が二重、三重とかさむ場合があります。

契約内容が、

・買手会社を紹介するだけなのか?
・会社売却の交渉全般にかかわる業務なのか?
・買手会社の候補や提案の評価を含むのか?

仲介会社と契約するときは、提供されるサービスと業務内容に応じた報酬体系が提案されているかを精査する必要があります。

M&Aアドバイザリー会社

アドバイザリー会社は、売り手なら売り手会社、買い手なら買い手会社と、どちらか一方と契約をして、その会社の代理人として条件や金額などの売買交渉をします。ですから、アドバイザリー会社のイメージとしては弁護士に似ています。

アドバイザリー会社は、売り手側の代理人になった場合は、さらに会社を高く売るために、売り手会社の「磨き上げ」を行います。

会社の「磨き上げ」とは、売り手会社の「会社の強み」を見つけて、会社の価値を高めることをいいます。

アドバイザリー会社は、売り手会社の「取引先、顧客、従業員、技術、情報」あらゆる角度から分析をして「会社の強み」を見つけ、会社の価値を高めて、適切な相手に売却することに精通しています。これは、M&A仲介会社では、なかなか実行できません。

会社を高く売却したいなら、M&Aアドバイザリー会社に依頼を

会社売却をした経営者の中には、

  • 仲介会社を介して会社を売却したのちに後悔したケース
  • 約束した条件と違うということで売却後に買戻しできないかと相談するケース
  • 売却直前でセカンドオピニオンとしてアドバイザー会社に相談するケース

このように、会社の売却を依頼する会社によっては後悔するケースが現在増えています。そして、仲介会社に依頼をして後悔しているケースが多くあります。

仲介会社か、アドバイザリー会社か、どちらに依頼するかによって、会社の売却価格ばかりだけではなく、役職員の雇用条件、商標・照合の活用方針、取引先・仕入先との条件など多岐にわたり影響を与えます。

自社と一緒に考え取り組んでくれるM&Aアドバイザリー会社をパートナーにするほうが、希望の条件、満足のいく価格で会社を売却することができます。会社売却の成否のカギを握るのは、ともに会社売却に取り組むM&A会社選びだといっても過言ではありません。

仲介会社とアドバイザリー会社の違いを知ったうえで、多くのM&A会社の話を聞いた上で、信頼できるM&A会社に依頼して、後悔や失敗しない会社売却を成功させましょう。

まずは、気軽に相談を

会社売却.comを運営しているアドバンストアイ株式会社は、仲介会社ではなく、アドバイザリー会社になります。

アドバンストアイの場合は、会社売却のプロセスの中で必要となってくる、税務、会計、法律の相談も別途費用が発生することがありません。費用に関しても、お客様それぞれに適した報酬体系をご用意しています。

会社を売却するかどうか迷っている段階でも、会社売却を強引に勧めたりしませんので、お気軽にご相談ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。