事業を拡大、伸び悩んでいる、赤字…会社売却で解決できる

この記事は約 418 秒で読めます。

M&Aで会社を売却することは、さまざまな経営課題を解決するためにも有効な手段です。

例えば、中小企業の経営者にとっては事業を拡大するための資金調達に苦労する場面もあるかと思います。M&Aと資金調達は関係のないものに思えますが、会社売却で大手の傘下に入ることにより資金調達しやすくなるといったメリットがあります。

ここでは、M&Aで会社を売却することでどんなメリットがあるのかをケース別に紹介します。

さらに事業を拡大したい黒字の会社の場合

売上が順調に伸びている会社でも、さらに事業を拡大しなければいけないという命題を抱えています。

事業を拡大するためには、資金だったり、新しい設備だったり、人材の確保だったりと、何かしらの問題を乗り越えていかなければなりません。

・さらに事業を拡大したい
・あらたな事業展開をしたい
・商圏を拡大したい
・あらたな設備投資をしたい
・さらに人材を確保したい

このような経営課題を解決するために、多くの場合は資金調達をする必要がありますが、金融機関で借り入れをすることはなかなか容易ではありません。

そこでM&Aの活用です。例えば、M&Aで上場企業や資本が豊かな会社の傘下に入ることで資金調達の難易度が低くなるというメリットが生まれます。

また、大手企業の傘下に入ることで経営基盤を高めると同時に、買手企業の取引先や顧客を活用することも可能になります。

この方法はさらに事業を発展させたい会社にとっては有効です。会社売却のM&Aは、黒字の会社の場合でも、さらに事業を発展させるために有効な手段となり得ます。

事業が伸び悩んでいる会社の場合

例えば、ニッチな市場で成功して順調に売上を伸ばしてきたとします。しかし、売上が100億円を突破する段階になると、多くの場合はその市場が注目され、強力な競争相手が登場することになります。

特許や独自のノウハウを持っていて、参入障壁が高いのであれば問題ないかもしれませんが、そうでなければ、会社は伸び悩むことになるでしょう。

このようなとき、M&Aで他の会社と資本提携や業務提携を結んで競合相手と戦うことも一つの戦略になります。

赤字の会社の場合

赤字の会社の場合は、経営支援や資金調達の手段としてM&Aを活用することもできます。

例えば、銀行から多額の借入をしていて身動きができない会社でもM&Aで会社を売却することもできます。

なぜならばM&Aでもっとも重要なことは、買手企業にとって「メリットがあるかどうか?」だからです。

「そのメリットとは何か?どのようにして見つけるのか?」については以下の記事にまとめました。

さらに事業を拡大したい会社、事業が伸び悩んでいる会社、赤字の会社、どのようなケースでもM&Aは会社が直面するあらゆるステージでなんらかの価値を提供します。資金調達の手段としてM&Aを活用することも会社の発展につながります。

会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社は、コンサルタント全員が証券会社出身のほか、MBAホルダー、公認会計士とM&Aアドバイザリーのプロ集団になります。

創業21年の豊富な実績と、経験豊かなコンサルタントが、会社を高く売却するためのサポートをいたします。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください。

会社売却が決まっていない場合でも問題ありません。また、正式に契約をするまで費用は一切頂きませんのでお気軽にご相談ください。業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

無料相談する

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

田中類

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧