レーマン方式の計算の仕方と注意点 ~移動総資産なのか?株式譲渡対価なのか?~

この記事は約 51 秒で読めます。

M&Aで会社の売買が成立したとき、M&A会社に成功報酬(手数料)を支払うことになりますが、一般的に成功報酬はレーマン方式で計算されます。

このとき、レーマン方式のベースとなるのが、移動総資産なのか、株式譲渡対価(売買金額)なのか、何に対しての料率なのかを理解しておかないと、支払う手数料に大きな差がでてしまう場合があります。

ここではレーマン方式の計算方法、注意したい点についてまとめました。

成功報酬(手数料)の一般的な算出方法は〝レーマン方式″

M&Aで会社の売買が成立したとき、M&A会社に成功報酬(手数料)を支払います。この成功報酬を決めるときに“レーマン方式”を使うのが一般的です。

レーマン方式は、取引金額に一定の料率を掛けて成功報酬(手数料)を算出する方法になります。

レーマン方式による成功報酬の例
移動総資産*/売買金額(株式譲渡対価) 成功報酬
5億円以下 5%
5億円超10億円以下 4%
10億円超50億円以下 3%
50億円超100億円以下 2%
100億円超 1%

*移動総資産が対象となる場合、純資産だけではなく負債も含みます。

このレーマン方式で注意をしなければいけないのが、移動総資産をベースに計算するのか、株式譲渡対価をベースに計算するのか、といった何をベースにして計算するのかといった点です。

【事例】株式価格7億円、負債5億円の会社の場合

M&A田中

移動総資産をベースにした場合と、株式譲渡対価をベースにした場合と、成功報酬(手数料)にどれくらいの差が出るのか計算してみましょう。

「株式譲渡対価」で計算した場合
取引金額 成功報酬料率 成功報酬
5億円以下の部分 5億円×5% 2,500万円
5億円超10億円以下の部分 2億円×4% 800万円
成功報酬総額 3,300万円
「移動総資産」で計算した場合
取引金額 成功報酬料率 成功報酬
5億円以下の部分 5億円×5% 2,500万円
5億円超10億円以下の部分 5億円×4% 2,000万円
10億円超の部分 2億円×3% 600万円万円
成功報酬総額 5,100万円

「移動総資産」をベースにするのか、「株式譲渡対価」をベースにするのかによって、この場合だと支払う成功報酬額が1,800万円も変わることがわかりますよね。

移動総資産をベースとする場合、純資産だけではなく負債も含まれます。ですから、負債が大きければ大きいほど、M&A会社へ支払う成功報酬(手数料)が高くなる仕組みになっています。

M&A会社と契約するとき、成功報酬は、移動総資産に対してなのか、株式譲渡対価に対してなのかを必ず確認してください。

M&A会社によっては、最低報酬額を設定している場合もあるので、併せて確認するようにしてください。

レーマン方式は「移動総資産」なのか「株式譲渡対価」なのかを確認する

M&Aを考えたとき、複数のM&A会社と面談をして最終的に1社と契約すると思いますが、成功報酬体系も確認するようにしてください。

レーマン方式だからといって、支払う成功報酬(手数料)が一緒だとは限りません。

移動総資産をベースにするのか、株式譲渡対価をベースにするのかを必ず確認するようにしてください。

M&A田中

他社で見積りをされて支払う手数料の大きさに驚かれた場合は、一度弊社にご相談ください。弊社の場合は基本的に、株式譲渡対価をベースにして成功報酬(手数料)を計算しています。

会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社は、コンサルタント全員が証券会社出身のほか、MBAホルダー、公認会計士とM&Aアドバイザリーのプロ集団になります。

創業21年の豊富な実績と、経験豊かなコンサルタントが、会社を高く売却するためのサポートをいたします。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください。

会社売却が決まっていない場合でも問題ありません。また、正式に契約をするまで費用は一切頂きませんのでお気軽にご相談ください。業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

無料相談する

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

田中類

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧