レーマン方式なのに、M&A会社によって手数料が異なる理由

この記事は約 412 秒で読めます。

会社売買が成立したとき、M&A会社に成功報酬(手数料)を支払いますが、その金額は一般的にレーマン方式で計算されます。ただし、何に対しての料率なのかを確認する必要があります。

会社売買が成立したときの手数料がM&A会社によって異なることはあまり知られていません。ここでは、会社売買が成立したときの成功報酬(手数料)についてまとめました。

成功報酬(手数料)の一般的な算出方法は〝レーマン方式″

会社の売却をM&A会社に相談したとき、成功報酬(手数料)の話になると思います。多くのM&A会社が手数料の算出方法をレーマン方式というものを採用していますが、これは取引金額に一定の料率を掛けて成功報酬(手数料)を決める方法になります。

レーマン方式による成功報酬の例
移動総資産*/売買金額(株式譲渡対価) 成功報酬
5億円以下 5%
5億円超10億円以下 4%
10億円超50億円以下 3%
50億円超100億円以下 2%
100億円超 1%

*移動総資産が対象となる場合、純資産だけではなく負債も含みます。

ここで気をつけたいのが、同じレーマン方式でも、「移動総資産」をベースにしたものと、「株式譲渡対価」をベースにしたものとでは、支払う成功報酬(手数料)が大きく変わるということです。

【事例】株式価格7億円、負債5億円の会社の場合

どのくらい成功報酬(手数料)に差が出てくるのか、「移動総資産」と「株式譲渡対価」それぞれで計算をしてみましょう。

「株式譲渡対価」で計算した場合
取引金額 成功報酬料率 成功報酬
5億円以下の部分 5億円×5% 2,500万円
5億円超10億円以下の部分 2億円×4% 800万円
成功報酬総額 3,300万円
「移動総資産」で計算した場合
取引金額 成功報酬料率 成功報酬
5億円以下の部分 5億円×5% 2,500万円
5億円超10億円以下の部分 5億円×4% 2,000万円
10億円超の部分 2億円×3% 600万円万円
成功報酬総額 5,100万円

「移動総資産」をベースにするのか、「株式譲渡対価」をベースにするのかによって、この場合だと支払う成功報酬額が1,800万円も変わります。

移動総資産が対象となる場合は、純資産だけではなく負債も含みます。したがって、負債が大きければ大きいほど、M&A会社へ支払う成功報酬(手数料)が高くなる仕組みになっています。

ですから、M&A会社と契約をするときは、成功報酬(手数料)は、移動総資産に対してなのか、株式譲渡対価に対してなのかを確認してください。また、M&A会社によっては、最低報酬額を設定している場合もあるので、こちらも確認するようにしてください。

レーマン方式は「移動総資産」なのか「株式譲渡対価」なのかを確認する

複数のM&A会社と面談したとき、その会社の成功報酬体系がレーマン方針だった場合は、「レーマン方式か。この間、面談したM&A会社もレーマン方式だと言っていたから、手数料は一緒だな」と判断をするのではなく、移動総資産」なのか、「株式譲渡対価」なのかを確認するようにしてください。

他社で見積りをされて、支払う手数料の大きさに驚かれた場合は、一度弊社にご相談ください。弊社の場合は基本的に、株式譲渡対価をベースにして成功報酬(手数料)を計算しています。

「会社を高く売る方法」eBook無料ダウンロード

  • M&A会社の選び方、会社を高く売る方法、会社売却の成功事例とポイントなど、会社売却のプロセスに入る前に経営者が知っておきたいことをまとめました。お気軽にダウンロードください。
 
Verification

田中類

4,015 views

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。