分散した株式を集約する方法

この記事は約 45 秒で読めます。

田中

「株式が分散しているのだけど、会社を売却するときは株式を集約した方がいいのか?」といった相談を受けることがあります。

結論からいうと、会社売却前に株式を売主に集約することが一般的です。ここでは、分散してしまった株式を集約する方法についてまとめました。

株主が少数の場合

株主が少数の場合は、主に2つの方法があります。

株主が少数の場合の株式集約方法
内容
直接交渉 少数株主から株式を取得する方法としては、まず、直接交渉をして同意を得た上で株式を買取る方法があります。
ただし、音信普通の株主や関係性が良くない株主がいたとしたら、この方法は難しいかもしれません。
強制的に株式を買取るスクイーズアウト
(少数株主排除)
少数株主から同意を得ることなく強制的に買い取るスクイーズアウト(少数株主排除)という方法。
株式等売渡請求制度、株式併合、全部取得条項種類株式を活用したもの、株式交換を応用したものなどがあります。

田中

株式等売渡請求制度を使ったスクイーズアウトの事例でみてみましょう。

株式等売渡請求制度を使ったスクイーズアウト

事例
会社名 田中株式会社
株式数 100株
株主構成 田中社長90株(90%)、外部株主A1株(1%)、外部株主B2株(2%)外部株主C3株(3%)、外部株主4株(4%)

90%以上の株式を保有している場合、特別支配株主の株式等売渡請求制度で、議決権90%以上を有する株主は、少数株主に対して株式の売渡しを請求することができます。

上記の場合は、田中社長が90%以上の株式を保有しているため、外部株主から強制的に株式を買取ることができます。

ポイント:株式の売渡請求権
平成26年の会社法改正により、経営者が90%以上の議決権を持っている場合、残りの少数株主から強制的に株式を買取ることができるようになりました。

株式併合を使ったスクイーズアウト

田中

それでは、株式を90%も保有していない場合は、どうすればいいのでしょうか?こういった場合は、株式併合という方法があります。

事例
会社名 田中株式会社
株式数 100株
株主構成 田中社長70株(70%)、外部株主A6株(6%)、外部株主B7株(7%)、外部株主C8株(8%)、外部株主D9株(9%)

この方法は極端に言えば、少数株主の株式を端株とする方法です。上記の例では、10株を纏めて1株に併合することになります。外部株主いずれも端株となります。端株は議決権はありません。

端株については田中社長が買取るか、会社が買取ることになります。仮に田中社長が買い取った場合には、100%株式保有となり、株式を1人に集約できますね。

株式を買取るとときの価格については、重要な事項となるので、事前の株価算定を行っておく必要があります。

ポイント:株式併合
株式併合は株主総会の特別決議に該当します。よって2/3以上の賛成株主が必要となります。

その他、スクイーズアウト(少数株主排除)の方法には、全部取得条項付種類株式を活用したもの、株式交換を応用したものなどがあります。

田中

会社売却.COMを運営しているアドバンストアイでは、株式や株価算定関する相談も受けておりますので、お気軽にご相談ください。

「会社を高く売る方法」eBook無料ダウンロード

  • M&A会社の選び方、会社を高く売る方法、会社売却の成功事例とポイントなど、会社売却のプロセスに入る前に経営者が知っておきたいことをまとめました。お気軽にダウンロードください。
 
Verification

田中類

4,015 views

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。