赤字の会社を買収すると節税できる?

この記事は約 227 秒で読めます。

お客様から受ける相談の中で、「赤字の会社を買収すると、節税できるのでしょうか?」このような質問を受けることがあります。

この質問に対してはざっくりとした言い方になってしまいますが、「昔はできたが、今は難しい」このような回答をしています。

なぜ赤字会社の買収で節税することは難しいのか?

赤字が続いている会社は、税務上の繰越欠損金というものがたまっていることが多くあります。

利益(課税所得)が出たときにこの繰越欠損金と相殺することで利益(課税所得)に連動した税金を圧縮することができるので、自分が経営している会社の利益とぶつければ節税になるのではないかと考えているわけです。

昔は、赤字がたまった休眠会社を買収して、自分の会社の黒字事業を休眠会社に移すといった方法で節税を図る事例が横行していました。しかし、税制改正が重ねられた結果、現在は50%を超える株式を取得したり、合併等の企業再編を行った場合には、税務上の繰越欠損金の利用に一定の条件・制限がつけられています。

赤字の会社・事業を買収するときは、損益を黒字転換させる目途がないと、買収するメリットがなさそうなので気をつけたいところです。

赤字の会社より、黒字の会社が売却しやすい

また、会社や事業を売却するときは、赤字よりも黒字の方が売却しやすいです。

相談時には赤字だったとしても、私たちと一緒に会社の財務や業務体制、あらゆる観点から事業を見直し、黒字転換をして高く売却できた事例もあります。このような成功事例に共通するのが、会社売却の準備をする十分な時間をとれたことです。

私たちアドバンストアイでは、企業の価値を最大化して最良の売却条件を獲得するための「磨き上げ」サービスも行っています。「磨き上げ」はどのような作業をするのか、以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

また、「今すぐではないけど、いずれ会社売却を検討したい」といった場合でもお気軽にご相談いただけたら、何かしらのアドバイスをすることができるかと思いますので、事業の見直しなどでも是非お気軽にご相談ください。

会社売却の相談をする(無料)

秋本伊一

アドバンストアイ株式会社 取締役/公認会計士・税理士 大手監査法人勤務を経て、当社参画。税務・会計面からM&Aに際しての最適なストラクチャー検討を重...

プロフィール

関連記事一覧