赤字会社の買収で節税はできるか?

この記事は約 259 秒で読めます。

「赤字会社の買収で節税はできるのか?」といった質問を受けることがあります。

この質問に対してお答えしているのは、昔は赤字会社の繰越欠損金で節税ができましたが、現在は難しいということです。

なぜ赤字会社の買収で節税することは難しいのか?

赤字が続いている会社は、税務上の繰越欠損金というものがたまっていることが多くあります。利益(課税所得)がでたときに、繰越欠損金と相殺することで利益(課税所得)に連動した税金を圧縮することができるので、自分が経営している会社の利益とぶつければ節税になるのではないかと考えているわけです。

昔は赤字がたまった休眠会社を買収して、自分の会社の黒字事業を休眠会社に移すといった方法で節税を図る事例が横行していました。

しかし、税制改正が重ねられた結果、現在は50%を超える株式を取得したり、合併等の企業再編を行った場合は、税務上の繰越欠損金の利用に一定の条件や制限がつけられています。

節税を目的として、赤字の会社・事業を買収するときは、損益を黒字転換させる目途がないと、買収するメリットがなさそうなので気をつけたいところです。

赤字の会社より、黒字の会社が売却しやすい

会社を売却する場合、赤字よりも黒字のほうが売却しやすくなります。

相談時は赤字だったとしても、私たちと一緒に会社の財務や業務体制、あらゆる観点から事業を見直し、黒字転換ができて高く会社を売却できた事例も多くあります。このような成功事例に共通しているのが、会社を売却するための十分な“磨き上げ”の時間がとれたことです。

私たちアドバンストアイでは企業の価値を最大化して、最良の売却条件を獲得するための“磨き上げ”を積極的に行っています。

“磨き上げ”はどういう作業で、どのような効果があるのかについて、以下の記事にまとめていますので参考にしてください。



会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社は、コンサルタント全員が証券会社出身のほか、MBAホルダー、公認会計士とM&Aアドバイザリーのプロ集団になります。

創業21年の豊富な実績と、経験豊かなコンサルタントが、会社を高く売却するためのサポートをいたします。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください。

会社売却が決まっていない場合でも問題ありません。また、正式に契約をするまで費用は一切頂きませんのでお気軽にご相談ください。業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

無料相談する

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

秋本伊一

アドバンストアイ株式会社 取締役/公認会計士・税理士 大手監査法人勤務を経て、当社参画。税務・会計面からM&Aに際しての最適なストラクチャー検討を重...

プロフィール

関連記事一覧