会社を売却する理由 〜最近の傾向〜

この記事は約 221 秒で読めます。

田中

日々、お客様と会社売却に関する相談を受けていますが、
ここ最近、売手企業の「M&Aに対する考え方」が変わってきていることを実感しています。

会社の売却を検討されている経営者様に相談を受けるときには、
必ず「なぜ売却したいのか」その理由をヒアリングさせてもらっています。

これまでは経営者様が高齢であったり、
後継者不在という理由が主だったのですが、最近は少し傾向が変わってきています。

それは、

・経営者も若い
・利益もしっかりと出ている
・安定的に成長している

このように三拍子揃っているケースです。

理由としては、
「高く売却して早期引退したい」
「売却資金で新しいビジネスを始めたい」

このような理由もありますが、
一番多い理由が、

「大手企業の傘下に入ることでメリットを享受したい」
このような理由によるものです。

大手企業の傘下に入ることで、
会社の信用力向上による資金調達の強化や、買手企業の事業ノウハウの吸収など、
仕事が増える以外にも多くのメリットが生じる可能性があります。

「自分は若いし儲かっているから、会社を売却する気はないよ」

経営者も若く、利益もしっかり出ていて、
安定的に成長している会社では大多数の経営者がそうおっしゃると思います。

しかし、5年後はどうでしょう。
10年後も同じことが言えるでしょうか?

長い目で自社の成長を考えたとき、
成長戦略の一つとして、M&Aは有効な方法になります。

そして、希望する条件や会社を高く売るためには、しっかりとした準備が必要となります。

弊社代表の岡本が売手側の立場にたったM&Aについて解説した本があります。

あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A

会社の売却を考えている経営者のみならず、
事業を営んでいる全ての経営者様にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

「会社を高く売る方法」eBook無料ダウンロード

  • M&A会社の選び方、会社を高く売る方法、会社売却の成功事例とポイントなど、会社売却のプロセスに入る前に経営者が知っておきたいことをまとめました。お気軽にダウンロードください。
 
Verification

田中類

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧