M&Aでよく使われるEBITDAって?

この記事は約 359 秒で読めます。

M&A松岡

M&Aの現場で働いていると、経営者の方から「よくEBITDAって聞くけど何?」と質問を頂くことがあります。中小企業の経営者の方からすと、あまりなじみのない言葉ですよね。

そこで、今回は“EBITDA”について解説したいと思います。

EBITDAとはそもそも何か?

EBITDAは企業の収益性を見る指標のひとつで、M&Aの現場ではよく使われます。

EBITDAの読み方は「イービットディーエー」「イービッタ」「エビーダ」などが使用され、呼び方は一つに定まっていません。

EBITDAは「Earnings Before Interest Taxes, Depreciation and Amortization」を略した単語となります。一見、難しそうに聞こえるEBITDAですが単語ごとに分解すると下記のようになります。

・Earnings(利益)
・Before(前)
・Interest(金利)
・Tax(税金)
・Depreciation(有形固定資産にかかる減価償却費)
・and(および)
・Amortization(無形固定資産にかかる減価償却費)

上記のように和訳すると分かりやすいかと思います。

EBITDAは税引後当期純利益に減価償却費と金利、税金を加えて算出される指標のことを指します。

EBITDAはなぜよく使われるのか?

EBITDAを算出する際の式は“営業利益”+“減価償却費”で求めることができます。

ほかにもいくつか算出する方法はありますが、“営業利益”+“減価償却費”で求めるのが一番簡単かと思います。

EBITDAは税引後当期純利益に金利、税金、減価償却費を足し戻したものです。

一般的な企業の収益力を図る指標は税引後当期純利益ですが税引後当期純利益は法人税、特別損益(損失)、支払(受取)利息や減価償却費などが売上高から勘案された数字となっています。

税金や金利は国によって違いますし、特別損益(損失)として計上される項目も国の会計基準によって変わってきます。そこでEBITDAを使用し、税金や金利、減価償却費の影響を最小限に抑えることで多国間との比較をすることができるようになります。

またEBITDAは多額の費用計上(設備投資やM&Aなど)を行うことで利益が大きく損なわれる企業を評価する際にも有効です。

EBITDAとEBITの違い

企業の収益性を見る指標にEBITというものがあります。EBIT「Earnings Before Interest and Taxes」の略語で、直訳すると支払金利前税引前利益となります。

EBITDAとの違いは“D”(Depreciation(有形固定資産にかかる減価償却費))と“A”(Amortization(無形固定資産にかかる減価償却費))を勘案するか、しないかということになります。

企業の収益性を図る際にEBITを用いるのかEBITDAを用いるのかは業種や事業の規模、比較対象によって使い分けを行う必要があります。

M&A松岡

今回はEBITDAの言葉の意味やなぜ使わるのかについて解説を行いましたが、EBITDAを指標にして会社の値段を算出する手法もあります。

会社売却.COMを運営しているアドバンストアイ株式会社では、M&Aの実務経験豊富なコンサルタントや会計士が在籍しています。

M&Aにおいての疑問についても無料相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

事業承継の相談をする(無料)

松岡航大

岡山県出身。学生時代は16年間野球に打ち込む。前職では大手証券会社にて主に事業法人、富裕層向けの資産運用コンサルティング業務に従事。その後、アドバンストアイ...

プロフィール

関連記事一覧