事業承継は誰に相談したらいい?

この記事は約 410 秒で読めます。

田中

後継者不足が深刻化する中で、事業承継を考える経営者の方もいるのではないでしょうか。
しかし、いざ事業承継について相談しようと思っても「どこのだれに相談したらよいのか」といった問題にぶつかるかと思います。

一般的に事業承継を相談する先は、以下のようなところに相談をします。

  • M&A会社
  • 公認会計士や税理士事務所
  • 銀行や証券会社などの金融機関

わたしが所属するアドバンストアイはM&A会社に分類されるのですが、M&A会社にも2種類あるのをご存知でしょうか。ここでは、事業承継を相談するときのM&A会社の探し方についてご紹介したいと思います。

M&A会社には、“仲介会社”と“アドバイザー会社”の2種類ある

あまり知られていませんが、M&A仲介会社には、仲介会社とアドバイザー会社の2種類があります。会社を売る場合、M&A仲介会社に相談をすると、損をしてしまう場合もあるので、両社の違いや特徴はぜひ知っておきたいところです。

M&A仲介会社の特徴

“売りたい会社”と“買いたい会社”との間を仲介する会社になります。不動産の仲介のようなイメージです。

仲介なので、事業承継が成立したら、どちらの会社からも成功報酬をもらう形になります。

どうして、会社を売る場合、仲介会社に相談をすると損をしてしまう場合があるかというと…

会社を売る側は「高く売りたい」
会社を買う側は「安く買いたい」

このように、利益が衝突する双方の条件をまとめるためには、どうしても会社を売るが側が不利になりがちです。

また、会社をいくつも経営しているなら別ですが、ほとんどの場合、会社を売ることは、人生であるかないかのことです。一方、会社を買う側は、今後も会社をいくつも買うリピーターとなる可能性があります。仲介会社にとって、会社を売る側、会社を買う側、どちらかが自社のお得意様になるか?答えはわかりますよね。

だからといって、仲介会社が悪いわけではありません。売上げの規模が小さかったり、早く会社を売却したい場合などは、仲介会社を利用した場合がいいときもあります。最近では、M&Aのマッチングサイトもあるので、登録してみるのもいいかもしれません。

バトンズ
トランビ
スピードM&A

M&Aアドバイザー会社の特徴

一方、アドバイザー会社は、「売りたい会社」または「買いたい会社」どちらか一方のアドバイザーとなり、売買の交渉をします。ですから報酬に関しても、クライアント側のみからとなります。クライアントの利益だけのために条件や価格の交渉をします。

上場企業や大手企業、海外では、M&Aアドバイザー会社を利用することがほとんどですが、日本の中小企業の場合、仲介会社を利用することが多いのですが、それは、中小企業向けのM&Aアドバイザリーサービスを提供する会社が少ないからです。

最近では弊社以外にも、中小企業のM&Aアドバイザリーを提供する会社も増えてきました。

M&Aアドバイザリーを提供するM&A会社で有名なのが、レコフさんですね。弊社アドバンストアイも創業から21年、M&Aアドバイザリー業務のみを提供しています。

事業承継のパートナー選びによって、希望の条件、金額で売却できるかどうかが決定するといっても決して言い過ぎではありません。仲介会社に依頼するのか、アドバイザー会社に依頼するのか、一緒に進むべき相手を間違えると後悔するケースも多くあります。

田中

事業承継の業者を決めるときは、仲介会社、アドバイザー会社、それぞれの会社の話をまずは聞いてみて、自分の会社を任せられるかどうか判断するべきだと思います。

「会社を高く売る方法」eBook無料ダウンロード

  • M&A会社の選び方、会社を高く売る方法、会社売却の成功事例とポイントなど、会社売却のプロセスに入る前に経営者が知っておきたいことをまとめました。お気軽にダウンロードください。
 
Verification

田中類

茨城県出身。学生時代は落研に所属し、まわりは芸人の道を歩む中、証券会社へ入社。リテール営業後、M&Aアドバイザー会社アドバンストアイ株式会社に転職。...

プロフィール

関連記事一覧