会社売却をしたときの税金のまとめ

この記事は約 449 秒で読めます。

M&A田中

中堅・中小企業の会社売却で多い方法が「株式売却」と「事業売却」になりますが、どの方法かによって税金の種類と税率が変わります。ここでは、M&Aで会社を売却したときの税金についてまとめました。

株式を売却したときの税金

株式を売却したときの課税対象は売却代金になります。元株主が個人の場合は、譲渡所得に対して所得税がかかります。これは、売却した翌年の確定申告で申告・納税しますが、譲渡所得は他の所得と分けて計算される分離課税方式なので税率も一定になります。

株式売却は、売り手会社の株主が、買い手会社に株式を売却して売却代金を手にします。課税対象は、売却代金を受け取った売り手側の株主になります。

株式売却の課税の考え方とメリット・注意点
手法 課税対象 課税対象者 対価 税金
株式の売却 会社の株式 個人株主 現金

20.315%
(所得税15.315%
 +住民税5%)
メリット
・創業者利益を現金で受けることができる
・売却所得は多額であっても税率は20%
・消費税は発生しない
・法人税は発生しない
注意点
・一部の事業を残すことはできない
・国税(所得税)と地方税(住民税)の納付の時期が異なる

株式売却の場合の税金の算出方法

株式を売却した場合の税金の計算は、まずは株式の売却代金から取得した取得費と手数料を差し引いた金額に税率(所得税15.315% 住民税5%)を掛けて計算します。

取得費とは会社を設立したときに出資した金額になります。資本金が1000万円の場合はその金額が株式の取得費になります。取得費がわからない場合は、売却代金の5%を計上します。

事業を売却した場合の税金

事業を売却したときの売却代金は売り手企業が受け取るので、これによる利益は法人税の課税対象になります。

事業売却の課税の考え方とメリット・注意点
手法 課税対象 課税対象者 対価 税金
事業の売却 事業にかかる資産 法人 現金 約30%
(法人税等)
メリット
・事業の一部を残すことができる
・売却のときに株主に対する課税は発生しない
・事業売却の利益は、法人のその他の損益と通算できる
注意点
・売却益の税率が個人と比べると大きい
・売却する資産によっては消費税課税の対象になる
・個人株主へ対価を還元する場合は、所得税が発生する

事業売却の場合の税金の算出方法

事業を売却した場合は、法人税と消費税が課税されます。

M&A田中

株式の売却の場合、金額に関わらず税率(20.315%)は一定なので、給与や事業収入などの所得が高くても納税額を抑えることができるといメリットがあります。

株式交換・合併・会社分割の場合の税金

M&Aでは、株式売却や事業売却のほかに、株式交換、合併、会社分割などの組織の再編という方法もあります。

組織の再編は、原則として売り手が受ける対価は現金ではなく、買い手会社の株式になる場合が多いという特徴があります。また、組織の再編が税制適格要件に該当するかどうかで、課税の対象になるかどうかが変わります。

組織再編の課税の考え方
手法 課税対象 課税対象者 対価 税金
株式交換 会社の株式 個人株主 買い手会社の株式 20.315%
(所得税15.315%
 +住民税5%)
合併 会社の株式 個人株主/法人 買い手会社の株式 個人株主:最大55.945%
(配当所得等)
*6.4~12.8%の税額控除あり
法人:30%(法人税等)
分割 会社の株式(一部) 個人株主/法人 現金

*株式交換、合併、分割等の組織再編において、税制上適格要件を満たす場合は上記課税は生じない。一方、非適格になった場合は、譲渡対象資産は時価で売買されるものとして、売り手法人に含み益・含み損に対する課税が生じる

M&A田中

大雑把ですが、株式を売却した場合は約20%の所得税、事業を売却した場合は約30%の法人税がかかると覚えておくといいかと思います。

関連記事一覧